ホームセキュリティー

ピースアンドセキュリティージャパンのホームセキュリティは…
「狙わせない、入らせない」 そして 「犯行を継続させない」 が基本です。

一般的なホームセキュリティは、「犯罪者に侵入されたらどうするか?」と言うことを基本に、 犯行を継続できない状況づくりを「警備員が駆けつけること」と考えています。
しかしそれでは、5分以内に犯行を終える犯罪者にとっては、全く効果が無いものになってしまいます。
ホームセキュリティ(防犯)にとって一番大切なことは、侵入されてからどうしようではなく、 「狙わせない、入らせない」、そして仮に侵入されたとしても直ちに「犯行を継続させない」ことです。

ポイント1 大音響のサイレンと光

設置したセンサーが異常を感知すると同時に、大音響のサイレンと光で侵入者を撃退します。
極度の緊張状態の侵入者にとって、音と光は最も嫌うものであり、周囲に異常を知られた侵入者は それ以降の犯行を継続できなくなります。

ポイント2 外部への自動通報

大音響のサイレンと光で侵入者を撃退するのと同時に、自分や家族の携帯電話、 知人宅や会社などの外部へ自動的に通報します。
通報を受けた方による警察への110番や消防への119番により、 被害を最小限度に抑えます。

 

また、異常があったことを知ることで、万が一被害にあったとしても、 「帰宅したら泥棒が家に・・・」などの2次被害を防ぐことが可能です。
通報先の設定に際して、ヘルプデスクサービスをご利用いただけます。

 

ヘルプデスクは24時間365日体制で「コントローラ」からの自動通報を 受け付けています。
ヘルプデスクが自動通報を受けると、通報を受けたオペレータが、通報されたメッセージの内容を、 予めお客様からご指定いただいた連絡先(予備通報先を含め3件まで登録可能)に伝えます。
自動通報の確実性が高まりますので、利用をお勧めします。

外部への自動通報

ポイント3 現場確認

自動通報を受けた人は、室内の物音を聞いたり、呼びかけたりすることができますから、 異常発生後、直ちに現場の状況を把握することができます。そのため、警察への110番通報など、的確な対処が迅速に行えます。

ポイント4 防犯訓練

防犯訓練では、緊急時の避難方法と侵入者の撃退方法を身につけていただきます。一番防ぎたい在宅中の被害を阻止したいからです。
いざと言うときに頼りになるのは自分自身ですから、自らが侵入者を撃退できる方法を備えておく必要があります。
またそうすることで、PSJの家はリスクがあると犯罪者に思わせることが出来ます。
「警備員が来るまでは大丈夫」ではなく、はじめから狙わせないことです。
なお、訓練と言ってもお子様やお年寄りの方でも十分対応できる内容です。

ポイント5 遠隔操作

外出時にセキュリティのセットを忘れた場合や、帰宅前の安全を確かめるために、 外出先から自宅に電話をかけて暗証番号を入力することにより、セキュリティのセットと解除、室内の聴取、 発声ならびにサイレンを鳴らすことが出来ます。遠隔操作が出来るシステムは、とても便利で安心できます。

ポイント6 無線式のセンサー(機器)

設置するセンサー(機器)は、無線式ですから配線工事などが必要ありません。
お部屋の美観を損なうことなく、簡単に取り付けられます。また取り外しも簡単です。

ポイント7 万一サポート・盗難保険

お客様には、「医療・健康電話相談」や「病院・専門医紹介」、「問診表配信サービス」などの24時間365日対応の、日常生活で役立つ様々なサービスをご利用頂けます。
また、万が一被害に遭われた場合は、最大で100万円のお見舞金をお支払いいたします。

万一サポート・盗難保険

医療・健康電話相談

医師・看護婦のカウンセリングが受けられます。

病院・専門医紹介

休日や深夜に診療できる病院の紹介など。

問診表配信サービス

海外・国内での怪我・急病時にあなたの問診表を直接指定先に配信します(1年間無料)

車のトラブル

パンク・カギ紛失等、なんでもOK!
※出張費・修理代・部品代は実費負担です。

水周りのトラブル

平日18時までの対応につき出張費無料。

FAX情報サービス

文化遺産・病院情報等、約600の役立つ情報がFAXボックスから取り出せます。

ピース☆ロック 安心3つの約束!

出張エリア

お電話でのお問い合わせは→

0120-745-747

東京・神奈川・埼玉・千葉総合窓口

メールでのお問い合わせは info@psjapan.com

ページトップへ